CAJ (カスタムオーディオジャパン) AC/DC Station VI
AC/DC Station VI 4571220044700

7,600円(税込8,360円)

購入数

  • 在庫  納期の目安は商品説明を参照してください。
    *数量限定の商品は特に記載がなければ0-1日で出荷します。
納期:2-3平日で出荷(メーカー在庫依存)

デジタルボルテージメーターを搭載して第6世代「VI」に!
1990年代にラックシステム専用カスタムパワーサプライとして開発されて以来進化し続けるCAJ AC/DC Stationが、新機能に加えて更なる小型化を達成しAC/DC Station VIとしてリリース。

供給電圧を常時モニターするデジタルボルテージメーターを搭載し、OUTPUT x 8個仕様によってダウンサイズを実現。更に出力電圧を9V電池新品初動時値に近い約9.65Vとすることで、エフェクターのポテンシャルを最大限に引き出します。

極めてノイズレスな「リニア方式」を採用
電源トランスの発生するAC(交流)電源をDC(直流)に変換するリニア方式のパワーサプライは、高効率で小型・軽量を謳うスイッチング方式との比較で、パルスノイズの無い安定したクリーン電源を得られるためハイエンド・オーディオの世界では未だに主流となっています。

優れたノイズ耐性を誇るリニア方式は、AC/DC Stationに一貫して採用されています。


エフェクトボードシステムに必要な消費電流は?
エフェクターを駆動させるにはどれだけの消費電流が必要なのでしょうか?

*主なエフェクターの消費電流
アナログ・オーバードライブ/ディストーション:4mA〜20mA
デジタル・コーラス/フランジャー:20mA〜25mA
デジタル・ディレイ/リバーブ:50mA〜60mA
MIDI対応 デジタルEQ:75mA
MIDI対応 メモリー可能等の多機能デジタルエフェクター:75mA〜200mA ( 参考値 )

例えば、アナログ・オーバードライブ、ディストーション、デジタル・コーラス、デジタル・ディレイ、デジタル・リバーブ、デジタルEQを組み込んだエフェクトボードに電源を供給した場合の合計消費電流は約300mA程度です。450mAまで電源を供給できるAC/DC Station VIなら十分余裕のある電源供給が行えます。
(※デジタルエフェクターは同じ電源ラインに接続されたエフェクターにノイズを発生させる可能性がありますことご注意ください。)

Size : AC/DC Station VI: 167(w) x 33(d) x 23.3(h) mm

ACアダプター : 52(w) x 42(d) x 64(h) mm / ケーブル長1.8m(突起物含まず)
重量 : AC/DC Station VI: 235g
ACアダプター : 260g
最大消費電流 : 450mA
接続端子 : AC12V INPUT x 1 センターピン 1.7 mm
DC9V OUTPUT x 8 センターピン 2.1mm (ー)極性

付属品 ACアダプター x 1
CAJ DC Cable 2.1 x 8