【11月16日発売予定】Roland (ローランド) シンセサイザー JUPITER-Xm
JUPITER-Xm 4957054513474

150,000円(税込165,000円)

購入数

2019年11月16日発売予定

ハイエンドモデルJUPITER-Xの機能をそのままに、可搬性に優れたコンパクト・ボディに凝縮。

JUPITER-Xmは、フラッグシップ・モデルJUPITER-Xに搭載されているビンテージ・シンセからデジタル・シンセまで様々シンセサイザーをモデリングしたMODEL BANKを同様に搭載。
ローランドの最新技術でモデリングされたシンセサイザーをボタン一つで即材に呼び出し、演奏する事が可能です。
発売時には、JUPITER-8, JUNO-106などのビンテージ・シンセに加えて、XV-5080やRD-700など現在も多くのプロフェッショナルに人気の高い機種の計6MODEL を搭載しました。
更にAI技術を使った新型アルペジエーター「I-ARPEGGIO」も搭載。楽曲作成ツールとして活躍します。
また、JUPITER-Xmのために新規開発した鍵盤によりコンパクト・ボディながら高い演奏性を実現。
更に本体に4W×2のスピーカーを内蔵しており場所を選ばずリビングや出先でサウンドメイキングをして、自宅やスタジオでDAWと連携した作業が可能です。
JUPITER-Xとデータ互換性があり外部モジュール的な使用も可能です。

●アナログ・モデリングと高品質PCM を兼ね備えた最新サウンド・ジェネレーター
JUPITER-Xm には、フラッグシップ・モデルJUPITER-X に搭載されているビンテージ・シンセからデジタル・シンセまで様々シンセサイザーをモデリングしたMODEL BANK が同様に搭載されています。
JUPITER-8 やJUNO-106、JX-8P など今も人気のアナログ・シンセサイザーのモデリング・サウンドからデジタル・シンセまで幅広い音作りが可能です。
そして高解像度パラメーターのツマミやスライダーで滑らかな変化を実現しているので、当時の名機のサウンドメイキングを彷彿とさせます。
更にJUPITER-Xm は、それらのビンテージ・シンセサイザーを4 パート組み合わせることが出来るので、例えばJUPITER-8 とJUNO-106 をレイヤーしたり、
スプリットして左手にSH-101 シンセベースをアサインしたり、更にはJUPITER-8 を4 台レイヤーすることも可能です。
シンセサイザー・ファンにとって夢のようなサウンドメイキングを実現します。
他にもXV-5080 やRD シリーズといったデジタル・シンセサイザーの名機も搭載。名機の特徴あるアコースティック・サウンドをビンテージ・シンセサイザーのサウンドにレイヤーすることも可能です。

●演奏情報に応じて変化する新型アルペジエーター「I-ARPEGGIO」
JUPITER-Xm には、新規開発のAI エンジンを搭載した新型アルペジエーター「I-ARPEGGIO」を搭載しています。
押鍵間隔やボイシングなどの演奏情報を解析し、アルペジオ機能と組み合わせたことで、プレイヤーの演奏に呼応して演奏が変化する即興の作曲ツールとして活躍します。
更にそこで気に入ったフレーズが生まれた時には、ステップ・シーケンサーと組み合わせることで更にフレーズを作り込み、DAW 等にエクスポートが可能です。

●JUPITER-Xm 用に新規開発した新規コンパクト鍵盤搭載
JUPITER-Xm には、新規開発のコンパクト鍵盤が搭載されています。
コンパクト鍵盤ながら、しっかりとした弾き応えと演奏表現が可能です。
また、サイドにアルミ・パネルを使用するなど堅牢かつ高級感のある筐体も魅力です。

●多彩な入出力コネクティビティ
JUPITER-Xm には様々な用途に対応可能な豊富な入出力端子を装備しています。標準出力に加え、本格的なライブやレコーディングで活躍するXLR キャノン出力端子を搭載。
ヘッドホン端子も前面と背面の2 か所に装備され、状況に応じて使い分けが可能です。また、PC とのマルチチャンネル接続が可能なUSB-AUDIO / USB-MIDI 各インターフェイス機能に加え、USB メモリー端子も装備。
ボコーダー等に使用可能なマイクインも搭載。
更にスマートフォンやタブレット機器との接続が可能なBluetooth 機能も搭載。
アプリと連携した楽曲制作も可能です。